龍安寺(京都市)、龍興寺(南丹市)とともに臨済宗妙心寺派の三龍寺と呼ばれている亀岡市の龍潭寺。
その住職を務める「潭さん」がお寺の事から京都の事までをご紹介します。

Priest of Ryotanji in Kameoka City.
Ryotanji is among the 3 major temples of Rinzai Myoshin-ji sect
(others are Ryuanji in Kyoto City and Ryuukouji in Nantan City).
Mr. Eguchi whose nickname is Tan-san,
will be sharing his story about his temple and of Kyoto.

江口昌道

昭和47年2月、龍潭寺24世江口宗道の長男として誕生。5才の時に、父親である師匠に就いて得度、僧侶の道をスタートする。
大学卒業後、天龍寺専門道場に入門。平成8年5月に龍潭寺25世住職に就任。現在に至る。
龍潭寺23世 江口快翁が創設した児童養護施設 青葉学園の理事長として社会福祉活動にも力を注ぎ、亀岡市教育委員会教育委員なども務める。

Born in February 1972, as the first son of Ryotanji, he started is path towards Buddhist priest under his father's supervision at the age of 5. After taking 2 years of practical training at Tenryuji after graduating university, in May 1996, he became the 25th priest of the temple that his family had been guarding.
He is actively contributing to the society by running a children's foster home Aoba Gakuen which was established by his grandfather, participating as an educational member of the Board of Education in Kameoka City.

2017.06.05 MONDAY

「呼吸」

夏日が続いたり、涼しげな日が続いたりしていますが、京都はこれから梅雨の時期へと移り変わります。私の地元亀岡市も田植えが済み土色だった田んぼも水に浸かり苗の列が美しく見え、生命の源を優しく感じています。
田植え

 今回は呼吸について。勿論、呼吸なくして私達の命は有り得ません。無意識に呼吸し寝ている時も呼吸はしています。どうでしょう。呼吸と言うと吸うと言うイメージがありませんか。しかし、はく事がまず一番なのです。例えば、生まれる時は「オギャー」と産声を上げる事から呼吸は始まります。つまり、声を出す事は息をはくと言う事です。そして、死を迎える臨終の折は息を引き取ると言います。つまり、息を吸ったままが最後となる訳です。漢字で見ても、呼で吸です。呼吸ははく事から始まります。マメ知識
坐禅
我々が重んじる坐禅も、姿勢を調え、呼吸を調えると、心が調うと言います。その呼吸法に丹田呼吸と言うものがあります。おへその下辺りから呼吸します。お腹の下からゆっくり息をはきます。秒数にすると25秒位かけてはきます。そして、お腹が空っぽになったら5秒位で息を吸います。これを10回繰り返し、また1から始めます。一度やってみて下さい。かなり難しいですよ。そして、精神が統一され禅定(ぜんじょう)へ入って行きます。また、健康にも大変効果があるようです。

しかし、これをマスターする事は容易な事ではありません。それで、お薦めがあります。大きな声でお経を読んで欲しいのです。
お経の本 お経の本

お経の本
ゆっくりお経を読めば自ずと丹田呼吸となるのです。演歌・民謡やオペラ等も同じかもしれませんね。是非、お経の本が有れば、姿勢と調えてお経を読んでみて下さい。簡単に禅を実践出来ます。美しく並んだ苗のような気持ちに。

 

LINEで送る