龍安寺(京都市)、龍興寺(南丹市)とともに臨済宗妙心寺派の三龍寺と呼ばれている亀岡市の龍潭寺。
その住職を務める「潭さん」がお寺の事から京都の事までをご紹介します。

Priest of Ryotanji in Kameoka City.
Ryotanji is among the 3 major temples of Rinzai Myoshin-ji sect
(others are Ryuanji in Kyoto City and Ryuukouji in Nantan City).
Mr. Eguchi whose nickname is Tan-san,
will be sharing his story about his temple and of Kyoto.

江口昌道

昭和47年2月、龍潭寺24世江口宗道の長男として誕生。5才の時に、父親である師匠に就いて得度、僧侶の道をスタートする。
大学卒業後、天龍寺専門道場に入門。平成8年5月に龍潭寺25世住職に就任。現在に至る。
龍潭寺23世 江口快翁が創設した児童養護施設 青葉学園の理事長として社会福祉活動にも力を注ぎ、亀岡市教育委員会教育委員なども務める。

Born in February 1972, as the first son of Ryotanji, he started is path towards Buddhist priest under his father's supervision at the age of 5. After taking 2 years of practical training at Tenryuji after graduating university, in May 1996, he became the 25th priest of the temple that his family had been guarding.
He is actively contributing to the society by running a children's foster home Aoba Gakuen which was established by his grandfather, participating as an educational member of the Board of Education in Kameoka City.

2017.04.20 THURSDAY

「建仁寺と伝統文化」

先日、京都市内の建仁寺さんへ参拝させて頂く事がありました。
建仁寺 建仁寺2
建仁寺さんは臨濟宗の大本山です。臨済宗には14の各本山があります。その本山に属する寺院が日本各地に、又、全世界にあります。
臨濟宗に限らずですが、日本の寺院の数と住職の数とは合わないのです。つまり住職や後継者が少なくなっている状況です。
建仁寺3
私も龍潭寺の他にもう1つのお寺を兼務しています。日本ではそのような状況ですが、ヨーロッパや世界では臨濟宗の寺院が新しく建てられている事を良く聞きます。つまり、西洋の人々が禅に興味や関心を持ち、自国で広まりつつあると言う事です。輸出状態とでも言うのでしょうか。龍潭寺においても、最近、坐禅をしに来られる方は外国人の方が多いですね。

 その建仁寺でも外国人の方が沢山参拝されていました。少し、建仁寺を紹介してみます。

1202年(建仁2年)に時の将軍源頼家が、栄西(ようさい)禅師を開山として建立されました。その後、幾多の困難を乗り越え、現在に至ります。尚、栄西禅師は日本茶道の茶祖としても良く知られています。中学校の歴史の教科書では、臨濟宗と言えば栄西と出てきます。マメ知識。また、俵屋表達の国宝風神雷神図屏風や法堂の天井にある大双龍図が有名です。是非、ご参拝下さい。

 しかし、何故この京都、都のど真ん中に簡素な日本最古の禅寺があり続けたのか、確かに、疑問に思うところですが、街中に有るがゆえ、静けさに満ちた境内がより映えて、人々に安らぎや清浄を与えたのかもしれません。
建仁寺 建仁寺5

今回の参拝はある華展への訪問からでした。京都華道協会主催でしたが、私の母も出瓶していました。数点、お薦めの作品を紹介してみます。
生け花1 生け花2
(富士山の活花)
風神雷神図の活花
(風神雷神図の活花)
風神雷神図のレプリカにお花で風神雷神を表現されているような!
(風神雷神図のレプリカにお花で風神雷神を表現されているような!)
茶道や華道も禅や仏教と共存共生しています。
茶道
これも大切な事であり、外国人だけでなく、日本人ももっと日本伝統文化を見直し継承して行かなければならないと感じた機会でした。

LINEで送る