Akarenga news by young ladies
京都で編集技術を学ぶ女子大学生が、授業で学んだことや発見、学生生活などを綴っていきます。編集を学ぶ中で日々奮闘する私たちの姿をぜひご覧ください。
Female university students who learn editing skill in Kyoto write about things they learn at classes, discoveries, and their life as a student. Please take a look at how they make an effort in their life by learning editing.

文学女子/Literature girl

同志社女子大学、日本語日本文学科の学生です。私たちは文学や語学、またワークショップ科目などを通し日々京都で学び、過ごしています。情報を発信していくのは、編集技術を学ぶ授業の受講生。下宿の人、実家通いの人、さまざまな同女生の日常をお届けしていきます。
A student of Doshisha Women’s Coll. of Liberal Arts, a department of Japanese Language and Literature. We spend time to learn literature and language through a workshop class everyday in Kyoto. We are the students who learn editing techniques. Various ways of students’ life, such as those who live in a small apartment or those who commute to school from their parent’s home will be uploaded.

2017.02.20 MONDAY

京都と梅の花

赤レンガ便り、5通目を担当させていただきますAです。

2月になり、テストやレポートを終え、同志社女子大学の学生も春休みを迎えました。2月のこの時期を、学校も仕事もなく自由に過ごすことができるのは、大学生だけではないでしょうか。2月といえば、節分やバレンタインなど、いろいろな行事があります。華やかな行事もいいですが、せっかく自由な時間がたくさんあるので、ゆっくり梅を見に行こうと思い、先日、下鴨神社に足を運びました。


まだ満開ではありませんでしたが、赤と桃色の間のような綺麗な色の、美しい花が咲いていました。また、梅の木の近くには、御手洗川や、鳥居、輪橋があり、それらが梅と合わさることで美しい景色があり、たくさんの人々が足をとめて見入っていました。

梅は日本を代表する、美しい花を咲かせる木です。梅の種類や気温、場所によって変わりますが、梅の見ごろは大体2月中旬から3月中旬です。私は、大学生になり京都に来るまで、梅を見に行く、ということがありませんでした。梅を見に行きたい、と思ったのは、大学生になり2月に時間ができたこと、そして京都という場所が深く関わっていると思います。京都は梅の名所がたくさんあり、また京都という歴史あふれる都と梅が合わさることで、よりいっそう梅の魅力が広がるのだと思いました。

 

LINEで送る