A perspective of editor girls

京都の編集プロダクションの編集部女子が、日々の面白い話題、発見などなど・・・気ままに京都の魅力を発信します。
Editing production girls in Kyoto are sending you the charm of Kyoto freely with funny stories and discoveries in their daily life.

編プロ女子/Editing production girls

京都の編集プロダクションの編集部ジョシより、コラムをお届けします。私どもは、『企画』『編集』『デザイン』を3本柱に、伝統と文化が息づく京都を本拠地にお仕事をしてきました。これまで得たたくさんの実りの中から、"京都の今"を切り取って京都の魅力をお伝えし、1人でも多くの方に京都を好きになっていただければと思います。

Editor girls at the editing production in Kyoto, write a column to you. We work with 3 cores ‘planning’, ‘editing’, and ‘design’ in Kyoto which their traditions and cultures are still alive. Through our plenty of great experiences, we are going to introduce ‘Now in Kyoto’ to you and we want as many people love Kyoto as possible.

2016.12.29 THURSDAY

京都みーつけた!

紅葉の季節も終わり、底冷えがするといわれる京都の冬到来。防寒具が手放せない今日この頃、バイク通勤の私は毎朝ぶくぶくになって会社へと向かっております。

さて、冬といえば何を思い浮かべるかというと・・・そう、一大行事クリスマス!恋人とどこかにおでかけされた方も多いのでは?

そんな行き先の1つとして挙げられるのが定番のイルミネーション!京都にも光のスポット、いっぱいあるんです。

まずはホテルオークラ前。大きなツリーが印象的。

そしてこちらは、五条春日のロームさん。 道の両側に電飾が施された木がズラッと並んでいるので、まるで光のアーチの下をくぐっているかのような豪華なイルミネーションです。五条通は通勤ルートなので毎日前を通るのですが、帰る頃にはすでに点灯が終わってることがほとんど・・・。 今日も見れなかった~~~としゅんとなって真っ暗なロームを横目に帰る日々でした。

 

キラキラ幻想的なイルミネーション。紅葉もそうですが、目に見えて季節の変化が楽しめる街の風景、素敵ですよね。視覚つながりで行くと、京都にはほかにも興味深いところが。

京都の繁華街・祇園の一角、八坂神社前のローソンはよく見ると・・・お分かりでしょうか。イメージカラーの青色ではない!?なんと茶色。

平安神宮前のセブンイレブン。 こちらも同様に見慣れた外観とは違ってシックな感じ。駐車場に休憩スペースが設けられているのも、観光地として名高い岡崎エリアならではの計らい。

実は京都市は景観を壊さないように建物の高さや、看板にも規制が設けられているのです。 (ちなみに京都市で一番高いのは南区の日本電産ビル!)

府外から来られている方も、もちろん京都に住んでいる方も、ぜひ隠れミッキー探しならぬ、隠れ京都探しをしてみてくださいね!

来年もまた新しい京都が発見できますように。

LINEで送る