【開催中】京都府立植物園はイルミネーション点灯中。 夜の植物園デートのススメ。

今年で開園90週年を迎える<京都府立植物園>は

ただいま夜のイベント開催中。

 

まずはイルミネーション。

正門から観覧温室、賀茂川門、北山門通りに

約10万球のLEDの明かりが灯っています。

 

注目は北門エリアの高さ20メートルのトウカエデ。

北門噴水池にその姿が幻想的に浮かび上がります。

 

 

さらにアーティストの高橋匡太氏による「くすのき並木」のライトアップ。

200メートルの並木道を赤や緑などクリスマスカラーで染め上げます。

 

 

そして観覧温室ではポインセチア展が開催中。

ポインセチアとその仲間を115種、約1000株を赤・ピンク・白と

色ごとに展示。

温室には気候ごとに植物が展示されていて、夜行性の小動物に花粉を媒介してもらうために

夜花を咲かせる種類が多いため、お昼には見られない花が咲いています。

ダース・ベーダーの顔のような「アリストロキア・サルバドレンシス」の花もあったり。

 

 

12月20日からは、先述した約20メートルのトウカエデに

プロジェクションマッピングの投影もスタート予定。

 

期間中は京都ノートルダム女子大学や府立大学の学生さんによるハンドベルや

室内管弦楽のコンサートなども行われます。

 

いつもは見られない植物園の夜の顔。

ロマンチックな光と夜しか見られない花々を眺めて

ボタニカルな人もそうでない人も

静かで素敵な夜を楽しんでみては?

出典:烏丸経済新聞

 

<京都府立植物園>

住所:京都市左京区下鴨半木町(地図

電話:075-701-0141

夜間開園時間:17:30〜20:00(入園は19:30まで)

料金:一般=200円、高校生=150円、中学生以下・70歳以上=無料

WEB:http://www.pref.kyoto.jp/plant/

 

LINEで送る