【11/21~27】日本で唯一の国際学生映画祭、京都シネマにて開催!

京都は、日々世界中から旅行者が集う「世界とつながる」まちでありながら
「東洋のハリウッド」と称された太秦をはじめとして
日本映画黎明期の文化遺産を現在も継承する「映画のまち」です。

さらに、京都市の人口の1割を学生が占める「学生のまち」でもあります。

そんな京都にふさわしい、
日本で唯一の国際学生映画祭である
「京都国際学生映画祭」が明日11月21日より開催されます。

今年のコンセプトは「京都に根差した映画祭」。
これまでに月に1回の定期上映会や、伏見地域と京都学生祭典の連携企画など、さまざまな取り組みを行ってきており、

 

今年度は
18カ国から集った217作品(国内123作品、海外94作品)応募作品のなかから15作品(実写部門8作品/アニメーション部門7作品)が入選作品として決定し、明日21日より27日まで、〈京都シネマ〉にて入選作品の上映が行われます。

 

最終日である11月27日(金)には、各部門グランプリ、審査員特別賞、観客賞の授賞式、そして最終審査員のお三方によるトークショーが行われます。

最終審査員は「南極料理人」(’09)、「キツツキと雨」('12)「横道世之介」('13)などで数々の映画賞を獲得している映画監督・沖田修一氏をはじめとして
日本を代表するアニメーション作家・木下小夜子氏、「パッチギ」や「フラガール」などの配給、プロデュースで知られる李 鳳宇(り ぼんう)氏などそうそうたる顔ぶれです。

 

会場の〈京都シネマ〉は、地下鉄四条駅、阪急烏丸駅からも徒歩すぐ、
アクセスの良いCOCON KARASUMA 3Fにあります。

 

今週末3連休は、京都で、「これから」の映画界を担う新しい才能に出会ってみてはいかがでしょうか?

 

〈京都国際学生映画祭〉

[開催期間] 20151121日(土)~1127日(金)

[会  場]  京都シネマ(〒600-8411 京都市下京区烏丸通四条下る西側COCON烏丸3F)

[チケット料金]

1プログラム:500円(当日/前売り)

フリーパス券(前売)1,000円 / (当日)1,500円

 

※上映作品など、イベントの詳細は公式サイトをご参照ください。

 

 

LINEで送る