【11/1〜11/3】圧倒的。「バガボンド」「スラムダンク」の井上雄彦氏が描く「親鸞」屏風を見にいこう!

東本願寺の飛び地境内である〈渉成園〉にて3日間だけとなる秋の特別公開がはじまります。

約50年前、版画家・棟方志功氏が宗祖・親鸞聖人700回御遠忌を記念した襖絵のある「園林堂」の公開(通常非公開)と、「スラムダンク」「バガボンド」の作者としておなじみ井上雄彦氏が描いた屏風『親鸞』の特別展示を閬風亭(ろうふうてい)にて。

『親鸞』屏風は、平成23年、親鸞の750回目の御遠忌に合わせて、真宗大谷派が井上氏に依頼し、同年3月に完成した六曲一双屏風。こちらも通常非公開となる。

親鸞聖人の「自己と向き合う姿」「民衆とともに真実を求めようとする人間・親鸞」に強く共感し描かれた屏風絵。

 

スクリーンショット 2015-10-30 21.49.23

圧巻です。

東本願寺から歩いてすぐにある渉成園は、国の名勝に指定されるほど
とにかく豊かな四季を感じさせてくれる場所。

 

img_map

渉成園のウェブサイトもすばらしいので要チェック。

連休は散歩がてら、デートがてら出かけてみてはいかがでしょう。

 

秋の渉成園特別公開

開催日:11月1日(日)〜3日(火)
場所:渉成園
参観時間:9:00〜17:00(受付は16:30まで)
庭園維持寄付金:500円以上 ※ガイドブックがもらえます(高校生以下は250円)
催事:特別茶席(有料:600円)

参照元:東本願寺

 

2015_shoseien_autumn_poster

 

 

 

 

LINEで送る