【10/30】「スタジオジブリの音作り」「NHKの8Kコンテンツ制作」の舞台裏が丸わかりセミナー、開催です。

7月から12月まで絶賛開催中の京都発コンテンツの祭典「KYOTO CMEX(シーメックス)2015」。
京都は映画・ゲーム・マンガなど日本オリジナルコンテンツ発祥の地であり、伝統・文化・観光・ファッション・音楽・食に至るまで、あらゆる豊かなカルチャー資源を備えたところ。

今回の祭典は、そんな豊かなコンテンツたちをクロスさせることで、京都のポテンシャルと魅力を国内外へ発信しつつ、人材育成での国際競争力の強化を目指そうというもの。

そんな中「次代を担う人材育成」プロジェクトの一環として2つのセミナーが開催。

設立30周年を迎えるスタジオジブリ、2020年に向けて8Kスーパーハイビジョンを牽引するNHKより講師を招き、最先端の技術を紹介。クリエイターや技術者の発想を広げ、想像力と表現力の「核」をまなぶことができるセミナーです。

映画や映像関係者だけでなく、アニメーションやCG、ゲームなどに関わるクリエイター、ジブリファンの方々も参加可能。

めったにない機会なので、興味のある人は要チェックです。

第1部 「スタジオジブリ作品の音作り30年史」

【日時】平成27年10月30日(金) 13:00~14:30
【会場】京都国際マンガミュージアム 1階 多目的映像ホール
〒604-0846 京都市中京区 烏丸通御池上ル(元龍池小学校)
【講師】株式会社スタジオジブリ 制作部ラインプロデューサー 古城環
【内容】「風の谷のナウシカ」から「思い出のマーニー」まで、さらには三鷹の森ジブリ美術館限定上映の短編作品の音響周りの挑戦を、スタジオジブリ30年の歴史に沿って解説して頂きます。フィルム時代のモノラル音声から5.1chになり、DCP(デジタルシネマパッケージ)の標準化で音の多チャンネル化が進む中、デジタルモノラル録音に挑戦したお話などを聞くことができる貴重な機会です。
【定員】100名 事前申込必要
【参加費】無料

第2部 「8K放送に向けたコンテンツ制作と技術動向」

【日時】平成27年10月30日(金) 15:00~17:00
【会場】NHK京都放送局 1階 視聴者公開スペース
〒604-8176 京都市中京区烏丸御池下る虎屋町576番地
【講師】日本放送協会 放送技術局SHV技術推進 副部長 増田裕康
【内容】今年2月に地域放送局で初めて8Kスーパーハイビジョンを観ることのできる新放送会館をオープンされたNHK京都放送局で、8Kコンテンツの上映とともに、2016年からの試験放送に向けた8Kコンテンツ制作の現状と技術動向を、第一線の制作技術担当者に紹介。
【定員】100名 事前申込推奨(当日入場可能)【参加費】無料
【お申し込み方法】
WEB(http://crosskyoto.jp)かFAX(075-211-2882)で、必要事項(参加希望セミナー選択、社名、参加希望者の名前(複数の場合は代表者)・所属部署名・役職名・メールアドレス、参加人数)を明記のうえ、KCC(京都クロスメディア・クリエイティブセンター)へ送信。
【お問い合せ先】
KCC(京都クロスメディア・クリエイティブセンター)
〒604-0022 京都市中京区室町通御池上ル御池之町323 ミサワ京都ビル4階
TEL:075-211-2881
FAX:075-211-2882

Email:info@kyoto-kcc.jp  URL:http://kyoto-kcc.jp(KCCホームページ)

※NHK京都放送局、京都国際マンガミュージアムへの直接のお申し込み、お問い合せはできませんことをご了承下さい。

 

(チラシ)映画テレビ技術セミナー

LINEで送る