【8/22】京都国際学生映画祭 in FUSHIMI 開催!

「伏見稲荷大社」の人気によって世界中にその名を知られる「伏見」ですが、まちには花街だった面影や、昭和のノスタルジックな空気感がのこり『仁義無き戦い 頂上決戦』など数々の有名映画のロケ地としても活躍した、「映画のまち」という一面もあります。

その伏見で 8月22日に行われる「京都国際学生映画祭 in FUSHIMI」は、秋に行われる「京都国際学生映画祭」のプレイベントでありながら、伏見ならではの要素がプラスされ、本祭に負けず劣らずスペシャルな一日になりそうです。

 

11741220_928894777177410_7862679091366515747_o

11741229_928894773844077_9162891505373911707_o

会場は、大正時代に建造された月桂冠株式会社の旧本店社屋を利用した「伏見夢百衆」。酒蔵の連なる町並みのなかでも、ひときわ目をひく趣ある建物。

ここで、過去のグランプリ作品などから厳選されたものが上映されます。

======

・2014グランプリ『小村は何故、真顔で涙を流したのか?』近藤啓介、永田佳大、二宮健(大阪芸術大学|日本)/ 『Ketchup Kid』Patrick Vollrath(Filmacademy Vienna|オーストリア)

・2013グランプリ『Before Summer Rain』Chen,Hong-Ren(National Taiwan University of Arts|台湾)他。

=======

※BEACON magazineの宇治・伏見編にてご登場いただいた、「伏水 きたせ昆布老舗」の北澤さんがたずさわった映画『871m』や『タイムスリップいたし申候』も上映予定!

さらにこの日は伏見七商店街全体が「京都学生祭典」とコラボレーションしており、同時多発的に「京炎そでふれ」「フリーマーケット・マルシェ」「映画」と3つのプログラムが開催されるのです。

 

fushimi_naka11

(※上映プログラムは上記)

 

お酒と夜に酔いしれつつ、映画の世界に浸るもよし。まちを歩き、お祭り気分を味わうも良し。8月22日はぜひ伏見に足を伸ばしてみてはいかが?

 

〈参考リンク〉

京都国際学生映画祭ホームページ:http://www.kisfvf.com/

京都国際学生映画祭Facebookページ:https://www.facebook.com/KISFVF

LINEで送る