【8/8】宇治でウマいビールをお化けと一緒に。「クラフトビール夜市」開催!

きたる8月8日(土)、宇治にてビールのイベント「クラフトビール夜市」が開催決定! beer4_IMG.jpg 1年に1度、宇治にてこれまで56回にわたり開催されてきた「宇治川の花火大会」。去年は台風の影響による宇治川の増水で初めての中止。2015年の今年は、川沿いの花火打ち上げ場所が護岸工事の都合で使えなくなり、早い段階で花火大会の中止が決まっていました。 地域にとって1年に1回の大切な祭の機会を維持するべく「宇治歴史夜噺」というお化けをテーマにした祭の開催を決定。(開催は8月8日・9日) その中のプログラムの1つが「クラフトビール夜市」なのです!(8月8日開催) 祭のテーマであるお化けは、宇治の名がついた説話集『宇治拾遺物語』に収録されている「恐ろしき話」から着想。そこに夏と言えば!のビールを合体! 京都では昨今、「クラフトビール」が定着の兆し。京都府内にはブルワリーが6ヶ所、宇治にも取り扱い店舗があるそうで。その中のお店の1つである「ザ・ロッキンハーツ」が協力することで「クラフトビール夜市」が実現したのだとか。 クラフトビール夜市の会場は、JR奈良線の宇治駅からほど近い、宇治橋通り商店街のうちの約400メートル。当日は歩行者天国になります。 出店予定は五十音順で、伊勢角屋麦酒(三重)、一乗寺ブリュワリー(京都)、黄桜(京都)、キンシ正宗京都町家麦酒(京都)、京都醸造(京都、本誌最新号を参照)、京都周山街道ビール(京都)、國乃長ビール(大阪)、丹波篠山ジグザグブルワリー(兵庫)、茶緑本舗和束茶ビール(京都)、山岡酒店(京都)。 それぞれがビール1杯約300mlを500円で提供する。フードは商店街の各店からさまざまなメニューが出される予定です。 ワンコインでクラフトビールが飲めてしまうので、ちょっと一杯、はもちろん、出店する方々も近隣からの参加なので、より地域性を感じることができるはず。 会場にはベンチのほかテントも用意される予定で、少々の雨でも決行とのこと。そして最も珍しいのが、「夜市」の名前の通り、開催時間が16時~22時に設定されている点。少し涼しくなった夕暮れ時からビールを楽しめるということですね! 「ザ・ロッキンハーツ」店主の江口篤志さんは「宇治にはかつて地ビールメーカーがあり、市民はなんとなくクラフトビールのことを知っている。全国的にも珍しい夜のクラフトビールイベントとして定着させたい」と意気込みを見せています。 クラフトビール夜市開催前の8月8日14時からは、これからクラフトビールを楽しんでいきたい人のために、テイスティングを体験するイベントも開催。クラフトビールを余すことなく楽しむためのノウハウも提供されます。 お申し込みは 「ザ・ロッキンハーツ」 電話:0774-23-3303 mail:therockinhearts2013@gmail.com まで! beer1_IMG.jpg beer2_IMG.jpg beer3_IMG.jpg <開催情報> イベント名:クラフトビール夜市 場所:宇治橋通り商店街(京都府宇治市、JR奈良線・宇治駅からすぐ) 日時:8月8日(土)16時~22時(14時~ザ・ロッキンハーツにてビールのテイスティングイベントも開催)

LINEで送る