CERAMICS「洸春陶苑」

手に馴染むとはまさにこのこと。

文:林宏樹 写真:本間腕

あるときは清水焼、またあるときは京焼と呼ばれる京都で生み出される陶磁器たち。その産地のひとつが、東山の日吉地区だ。聞き慣れない地名かも知れないが、あまり観光地化されていないのが日吉地区の魅力。大正時代に登り窯が開かれたことにはじまり、現在も20軒ほどの窯元が住宅地に点在している静かな焼き物の里だ。
そのなかの1軒、洸春陶苑を営むのは3代目洸春こと高島慎一さん。ショーウインドウがなければ外観は住宅にしか見えないが、中に入ると所狭しと道具が並んでいて驚いた。

「京焼は特徴がないのが特徴」といわれることもあるが、それば全国に点在する陶磁器産地の優れた技術を都の置かれた京都が吸収したからとも言われる。慎一さんの祖父に当たる初代も、もともとは瀬戸の陶工。京都に出て独立する際、著名な陶芸家・山田喆から、うららかな春を意味する「洸春」の名が贈られ、代々引き継がれている。

初代の洸春は伝統的な染付の器を得意とし、2代目は器の表面に文様を描き出して、鮮やかな色釉で染め分けていく「交趾」に挑戦。その鮮やかな黄色や艶のある深い緑色は一度見たら忘れられない。慎一さんもその技法を受け継いで、いまでは洸春陶苑の大きな特色となっている。

制作風景を見せてもらうと、焼成前の器に細い口金から粘土を絞り出して、文様を描き出していく。まるでホールケーキをデコレーションするような作業だが、これは「いっちん」と呼ばれる歷とした陶芸の手法。細かい文様をリズムよく書き出していく様子は、まさに職人技だ。

「描きだす文様が、器を持った時の手触りを左右します。粘土が硬すぎると文様に角が立って手触りが悪くなるので、粘土の硬さには気を遣います」と高島さん。完成した器を持たせてもらうと、本当にすっと手に馴染む感じがして、持っているだけで心地がよい。

しかし、完成に至るまでは、まだまだ先は長い。文様を描きだしたあと一度焼き締めし、そこに筆を使って文様に色付けをしていく。ここでもう一度、釜に入れて色を焼き付けるが、交趾に使う釉薬は色ムラが出やすい。そこで、釉薬を塗り重ねて焼き付ける工程を2~3回繰り返す。こうした手間暇を経て、色鮮やかな色彩は生み出されているのだ。

工房の一角に設えられたギャラリーにお邪魔すると、交趾の特徴ある色彩をまとった湯呑や茶碗などがずらりと並んでいた。そこで目に留まったのが、あえて鮮やかな色を使っていないフリーカップやワイングラス。「ちょっと違うもんも作ってみようかなと思って」と、真一さんの言葉は控え目だが、色彩を引いた風合いがとてもよい。特に無地の器は、いっちんの盛り上がりが陰影を生み出してとても魅力的に見えた。

営業店舗を持たない洸春陶苑だが、個人でオーダーメイドの器をお願いすることも可能。「割高にはなりますが、1個からでも作りますよ」と慎一さん。オーダーメイドの場合、「薄く軽く作ってください」「ひと回り小さなものが欲しい」というようなワガママなオーダーにも応えてもらえるのが嬉しい。
また、絵付けやろくろなどの体験も、予定があえば受け入れてくださるとのこと。体験と併せてギャラリーを見学させてもらえば、交趾の魅力がより感じられるはずだ。

毎年4月上旬には京都日吉製陶協同組合主催の「日吉窯元まつり」が行われ、洸春陶苑も参加する。(2016年は4月2日(土)・3日(日)の2日間)花見のついでにひと足伸ばしてみてはいかがだろう。
あぁ、いっちんの手に馴染む盃で、花見酒と洒落こんでみたい。いっちんを知らなければ、こんな思いに悩まされることもなかったのだが。

 

〈洸春陶苑〉住所:京都市東山区今熊野南日吉町148 (地図) 電話:075-561-5388定休日:日曜・祝日 *工房の見学・体験は事前に要予約(時間は10:00–16:00の間で相談)

 

★この記事は、京都を「A」から「Z」で考えるWEBマガジン『BEACON MAGAZINE VOL.2 ~CRAFTS of KYOTO』に掲載されています。ぜひこちらから他の記事もご覧ください。
『BEACON MAGAZINE VOL.3 ~AQUA in KYOTO』
→→『BEACON MAGAZINE VOL.1 ~宇治・伏見のA to Z』

LINEで送る