CHANNEL「本願寺水道」

人々に活力を与える本願寺水道

 

文:田中京子

写真提供:東本願寺

 

京都にはお寺がつくった「水道」がある。その名も「本願寺水道」。真宗大谷派の本山「東本願寺」によって「防火」を目的として明治時代に設置された。蹴上の貯水池から東本願寺までの約4.6キロを、1本のパイプで繋ぐ本願寺水道は、琵琶湖疏水を設計した田辺朔郎氏が手がけて1897年に完成した。延べ約26万人が工事に携わり、総工費は14万4303円。なんと当時の京都府の年間予算の25%にも相当するという大工事だった。

江戸時代末期までの100年間に4度の大火に見舞われた東本願寺。これだけの費用と労力を投じてでも二度とそのようなことにならないようにという、当時の人々の思いの強さが感じられる。2008年以降、現在は管の老朽化から使用されていないが、蹴上と東本願寺との高低差約50mを生かして動力を一切使わずに送水し、バルブを開ければ境内の消火設備から水が噴出する仕組みとなっていた。現代の防災設備にも通じる先人の先見性を感じつつ、4.6kmのルートを歩いてみた。

蹴上の貯水池そばにある田辺朔郎像から出発、三条通に出て西へ進む。下り坂なので脚が自然と前に進み、まるで自分が水道管を流れ落ちていく水になったような感覚さえ覚える。本願寺水道の水道管は地中に埋まっているので、ほとんど見ることはできない。そんな本願寺水道の本管を目視できる数少ないスポットが三条通の白川にかかる橋の下だ。澄んだ水が流れ、涼しい風が肌を撫でるように吹いてくるその奥の暗闇に、100年以上前の人々の手がけた技術の痕跡がある。

白川から知恩院、祇園を抜けて五条通を西に進み、鴨川の五条大橋へ。河川敷に降りればもう一か所の本願寺水道目撃スポットだ。漏水対策の白い布でミイラのようにぐるぐる巻かれた管が通っている。出発から歩いて既に約1時間。当時の技術でこれだけの長さの水道管を設置するのは、どれだけ大変だっただろうと、鴨川が流れる音を聞きながら思いをはせた。

やがて本願寺水道の終点地・東本願寺へと。お堀で赤と白の鯉が、のんびり泳ぐ姿が見られる。以前この水道はこのお堀や、御影堂門前の蓮の形をした噴水、そして別邸「渉成園」の池の水にも使われていた。というのも、水道管はなんと境内の地下にもはりめぐらされており、水道管は境内だけで3.5キロもの長さを誇るのだ。

「動力を使わず送水する本願寺水道は、防災の面から改めて注目されています」と東本願寺・広報担当者。2004年から毎年、市民によるイベント「本願寺水道を歩こう」が開かれている。地下に眠る近代遺産の価値を多くの人に伝え、本願寺水道の再生意義を高めるのがねらい。

都が置かれ、戦乱が多かった京都は何度も火災に見舞われた。燃える建物を「水さえあれば」と思って見ていた人々は、いかに無念だっただろうか。いつ何時も、私たちは水に支えられていることを実感する。本願寺水道から見出す「水」の大切さ、そして明治時代の知恵と努力を、現代の人々にも伝えていけたらと思う。

 

<三条橋>
京都市東山区五軒町

<五条大橋>
京都市東山区朱雀町(すじゃくちょう)

<渉成園>
京都市下京区東玉水町(ひがしたまみずちょう)

<真宗大谷派 東本願寺>
住所:京都市下京区烏丸通七条上ル
電話:075-371-9181
開門時間:【3~10月】5:50~17:30 【11月~2月】6:20~16:30

★この記事は、京都を「A」から「Z」で考えるWEBマガジン『BEACON MAGAZINE VOL.3 ~AQUA in KYOTO』に掲載されています。ぜひこちらから他の記事もご覧ください。
『BEACON MAGAZINE VOL.2 ~CRAFTS of KYOTO』
→→『BEACON MAGAZINE VOL.1 ~宇治・伏見のA to Z』

LINEで送る